2009年01月24日

w3mをさくらインターネットにインストールする

 
 

cd local/src/
wget http://www.hpl.hp.com/personal/Hans_Boehm/gc/gc_source/gc-7.0.tar.gz
tar xf gc-7.0.tar.gz
cd gc-7.0
./configure --prefix=$HOME/local --enable-cplusplus --enable-threads=none
make
make install

vi $HOME/.cshrc
alais w3m $HOME/local/bin/w3m #aliasの項目を追加
setenv LD_LIBRARY_PATH $HOME/local/lib #setenvの項目を追加

cd ..
wget http://jaist.dl.sourceforge.net/sourceforge/w3m/w3m-0.5.2.tar.gz
tar xf w3m-0.5.2.tar.gz
cd w3m-0.5.2
make distclean
./configure --prefix=$HOME/local --with-gc=$HOME/local --enable-image=no
make
make install
 


 参考サイトを参考にしてインストール。今回はライブラリの設定を通さないとインストールができなかったためメモ。
 

 ■参考サイト
 ・Source of NOthingness : memo : w3m をさくらインターネットにインストール
 ・Far Northern Other World : 環境設定
posted by ぴぺ at 01:01| Comment(3) | TrackBack(354) | UNIX系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月02日

フレームバッファコンソールの画面回転

 先日からデュアルディスプレイにしたわけですが、セカンドディスプレイはコンソールの方が楽しそうだ!でもせっかくだから縦のまま使いたいということで今に至る。

 フレームバッファコンソールでの画面回転の設定の方法はgrubやliloで行うフレームバッファの解像度の変更と同じ欄。つまり

 ...vga 791 fbcon=rotate:3 

 この様に設定することができる。
 最後の3が角度調整で、以下の様な選択肢がある。
0 - normal orientation (0 degree)
1 - clockwise orientation (90 degrees)
2 - upside down orientation (180 degrees)
3 - counterclockwise orientation (270 degrees)

 他にいくつかオプションがあったので、詳細はLinux Kernel Documentation : fbcon.txtを参照。



 Vine Linuxはjfbtermを使っているため反映されないことが判明。どうせ表示できないなら英語で利用しようと思い、CentOSに入れ直しました。


 ■参考
  ・Linux コンソールを 回転モニターで利用する方法
  ・Linux Kernel Documentation : fbcon.txt
posted by ぴぺ at 16:21| Comment(4) | TrackBack(0) | UNIX系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。