2011年06月30日

ZABBIX アクション->Snmptrap発出メモ

ZABBIXでアクションの設定を行った際のメモ
 ・前回設定したログのerrorを検知するTrigger発動後、Actionが作動するようにした。
 ・Actionの内容はZabbix本体を動作させているサーバからリアルタイム監視用のsnmp managerへのSnmptrapの発出


 ・snmptrapのオプション類http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0705/31/news042_4.htmlを参照して設定
 ・snmptrap受信用のSNMP Manager(snmptrapd)
   設定方法は以下サイトを参照
    - http://codezine.jp/article/detail/2893?p=2
    - http://archive.linux.or.jp/JM/html/ucd-snmp/man5/snmptrapd.conf.5.html
    - ubuntuの場合は/etc/snmpディレクトリ以下にsnmptrapd.confがある
 ・ZABBIXのリモートコマンドの設定方法
   ZABBIXのマニュアルを参照して実施 http://www.zabbix.com/documentation/jp/1.8/manual/tutorials/remote_actions
 
posted by ぴぺ at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | UNIX系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。