2011年11月06日

debian6.0をmondo rescueでP2Vしてみた

debian 6.0のパソコンをP2VしてESXiで動かしたかったのでmondo rescueを試してみた


http://www.mondorescue.org/downloads.shtmlを参考にして、
debianのaptのリポジトリファイルにmondoのミラーサーバを設定する。

/etc/apt/sources.list.dの中のファイルに
deb ftp://ftp.mondorescue.org/./debian 6.0 contrib
deb-src ftp://ftp.mondorescue.org/./debian 6.0 contrib

を書き込む。
書き込みが完了したら、
apt-get update
apt-get install mondo

これでインストール完了。
mondo rescueはisoイメージ生成時にmkisofsを利用するので、このパッケージをインストールする

debian 6.0に最初から入っているaptの参照先にはなかったので以下URLからdebパッケージをダウンロードする
(※genisoimageをインストールして、mkisofsのシンボリックリンクを貼ってもOK??。試してないけど、必要になった場合は試してみたい)
http://packages.debian.org/ja/lenny/mkisofs

wget http://packages.debian.org/ja/lenny/all/mkisofs/download
dpkg -i mkisofs_1.1.9-1_all.deb

mondoarchive -Oi -g -L -N -s 4200m -d /mnt/ume /E /mnt  
#mondo rescueの実行。詳しいオプションは参照URLを参照。DVD-ROMサイズで、/mnt/umeに保存するように設定してる。

プログラムの終了後は/var/log/mondoarchive.logでログが見れる。うまく完了しない場合は確認すると原因が分かったりする。

これで完了。-dで保存先に指定したディレクトリにmondorescue-1.isoというディスクイメージがあることを確認。

ESXi側で新しいマシンを用意。
変換元と同じだけの容量のディスクと仮想マシンを用意する

用意できたら作成したディスクをマウントして起動する。

起動に成功すると

「boot:」というプロンプトが表示される。
mondorestoreと入力する。

そうするとGUIの画面が現れるので、
4つのメニューの一番上「Automatically」を選択する。

そうするとrestore工程が始まるので待つ

restore工程が完了すると、initrdを編集するか問われるので、「No」とする。

これでP2Vは終了。
shutdown後、ISOイメージの接続を切って立ち上げる。
成功している場合はリストアした環境のOSが立ち上がってくる。

■参照URL
第1回:オープンソースMondo Rescueによるバックアップ手法
http://thinkit.co.jp/free/article/0612/7/1/
posted by ぴぺ at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。