2007年03月24日

Mediatomb 0.9.0 pre releaseバージョンを試してみました。

 インストール環境はは0.8.1-patchedをインストールしてある環境でいちおうmake uninstallしておきましたが、どうなってるよくわかってません。

$ wget http://nchc.dl.sourceforge.net/sourceforge/mediatomb/mediatomb-0.9.0-pre.tar.gz
$ cd mediatomb-0.9.0-pre.tar.gz
$ ./configure
$ make
$ make install

$ vi ~/.mediatomb/config.xml
 
  ui enabled="yes"
 として、

$ mediatomb

 起動中のメッセージ内に表示されるINFO:http〜を入力してweb UIにアクセスする。

 ver0.8.1のweb UIは試したことありませんが、ver0.9.0preのweb UIはレスポンスも速くてストレスはありませんでした。データベースへのファイルの追加/削除、その上登録されているファイルの編集ができるようです。
 更にホームページの説明によると、今度のバージョンは自動的に再スキャンしてくれるようです。

 参考サイト
  ・MediaTomb - Free UPnP MediaServer --daemonオプションを追加して動作させると起動しなくなりました。sqliteのデータベースファイルを削除すると復活するのでデータベースが何か悪さをしているようです・・。
posted by ぴぺ at 04:35| Comment(0) | TrackBack(0) | UNIX系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。