2007年03月19日

IBM ThinkPad X23にいくつかにディストロを導入して試験

 大分前にLinuxマシン用として買ってきたIBM ThinkPad X23に一番しっくりくるディストロをいろいろ模索して参りましたが、
  ・CentOS
  ・Ubuntu Linux
  ・Debian Etch
  ・Vine Linux
 これら4つを導入して動作試験してみました。まだ素人なのでわかっていないところもあると思いますが、使いやすさと安定性を重視して、更に面倒臭がりなので初期導入時から安定して動作するのを最低条件で試験しました。使い道は8割CUIで2割ぐらいGUIもつかいます。
  ・CentOS ・・ 導入は非常にスムーズに完了し、RHELのクローンだけあって非常に使いやすかった。更にSELinuxのポリシも簡単に導入できたんですが、何故か4日にいっぺんフリーズしてしまいました・・。何が原因かは調べてませんが、何が原因にしても4日にいっぺんフリーズがするのはマズいので却下。

  ・Ubuntu Linux ・・ 最近はもっぱらUbuntuブームといった感じでCentOSが駄目ならUbuntu!と思ったのですが、デフォではビデオカードの問題のようですが、Xが起動せず・・。

  ・Debian Etch ・・ まだtestingですが、もうそろそろ正式版が出るっていうことなので導入。非常にスムーズに導入。Xも問題無く、非常に居心地のいい環境だったのですが、何故かEthernetカードが動作せず・・。何故かXが起動しているときは正常に動作するも一度ifconfigでdown/upすると再起動するまで動作せず。後、放置していると勝手に画面がついてそのままの状態になることが多々ありました。10日間使って見ましたが使いづらいので却下。

  ・Vine Linux ・・ 導入してただいま2日目です。導入に際してPXEブートでは自らFTPサーバのURIと読み込むファイルの位置を記述しなければならないのが面倒でした。導入後は素直にXも立ち上がり、今のところ何も問題は無いです。それと日本語環境についてはどうでもよかったんですがやっぱりあると便利ですね。今のところ、一番満足度高いです。

  これが駄目だったら次はSuseあたりを検討中。何度もPXEブートを試しているうちにPXEブートに関してはかなり慣れてしまいました。
posted by ぴぺ at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | UNIX系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月13日

PXEブートでUbuntuを導入する

 CD-ROMが搭載されていないノートPCにUbuntuを導入することになったのでPXEブートでのインストールを決行しました。

 PXEブートを行う環境は
 ・[Windows XP] tftpd/dhcpdサーバ
 ・[OS無]    インストール先のThinkpad X23です。
 
 ・ネットワーク構成はこんな感じ

 [インターネット]
    |
    |
[ブロードバンドルータ]
    |
    |ーーー Windows XP tftpd/dhcpdサーバ(192.168.0.8)
    |
    −ーーー Thinkpad X23



 それからPXEでブート後はネットワーク経由でインストールイメージを取得するので、インターネットに接続可能なナットワークで行います。

 まず、準備段階としてPXEブート用のファイル群を取得します。たとえば、ubuntu-dapperならここからブート用のファイル群をダウンロードすることができます。

 必要なファイルとそうで無いファイルが存在しますが、大した容量では無いので/netbootフォルダの内容を全てダウンロードします。

 フォルダも含めて/netboot以下のファイルをフォルダ構成を維持したまま、全てハードディスクにコピーしてください。

 ダウンロードしたら、フォルダを好きな名前に変更してください。
 (私の場合はd:\ubuntuとしており、今後はd:\ubuntuとして進めていきます。)


 次にWindowsのサーバにtftpd及びdhcpdを動作させるサーバーソフトをインストールします。今回はTFTPD32をインストールすることにします。
TFTPD32を解凍したら、tftpd32を起動し、以下の項目を設定します。


  ・ウインドウ下部のSettingをクリック。一番上のBase Directoryをブートイメージを格納するフォルダに設定する。(例 d:\ubuntu)

03.jpeg

  
02.jpeg


  ・更にSetting内の PXE Compatibilityのオプションにチェック。
  ・Settingウインドウを閉じてDHCPの欄を設定します。

04.JPG



各種ネットワークの欄を記述、Boot Fileにはブートローダであるpxelinux.0を指定する。

01.jpeg


 これでサーバーの設定は完了。
 ルータでDHCPサーバ機能を使っている方はDHCP機能をオフにします。
 これですべての設定が終了です。

 二つのホストを同一ネットワーク上に設置してインストール対象のPCをNetwork Bootで起動すればPXEブートが開始されます。

 WANニ接続できないネットワークでインストールを行う場合はローカルなFTPサーバを立ち上げればうまくインストールできるみたいです。

 参考サイト
  ・notepad + : PXEブート
  ・The dream is invincibility. PXEを利用してDebianをネットワークインストールする
  ・archive ubuntu.com
  ・TFTPD32
  ・Ubuntu PXE Install - C4 Wiki(激重)その後の続き
posted by ぴぺ at 17:21| Comment(4) | TrackBack(2) | UNIX系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月10日

CentOSにホスト型IDS Tripwire導入メモ

 GLANTANKは完全にメディアサーバに変貌してしまったのでもう一台サーバ用PCを用意して設定を始めていました。そこでTripwireを導入するに当たっていろいろ苦労したのでメモ。

 まず、TripwireのCentOSのRPMパッケージは存在していないので調達してくる必要があります。これについてはRPM PBONE.NETのRPM SEARCHで検索。Redhat Enterprize Linux 4向けのRPMを発見したのでこれを利用することにしました。
 
 //ダウンロードとインストール
 # wget ftp://ftp.pbone.net/mirror/ftp.silfreed.net/repo/rhel/4/i386/silfreednet/RPMS/tripwire-2.3.1-22.el4.i386.rpm
 # rpm -ivh tripwire-2.3.1-22.el4.i386.rpm
 
 RPMパッケージ版はセットアップ用スクリプトが用意されているのでこれを利用。

 # /usr/sbin/tripwire-setup-keyfiles
  
 実行するとTripwireを管理するのに必要なサイトパスフレーズとローカルパスフレーズの入力を要求されます。

 ----------------------------------------------
The Tripwire site and local passphrases are used to sign a variety of
files, such as the configuration, policy, and database files.

Passphrases should be at least 8 characters in length and contain both
letters and numbers.

See the Tripwire manual for more information.

----------------------------------------------
Creating key files...

(When selecting a passphrase, keep in mind that good passphrases typically
have upper and lower case letters, digits and punctuation marks, and are
at least 8 characters in length.)

Enter the site keyfile passphrase: // サイトパスフレーズの入力
Verify the site keyfile passphrase: // サイトパスフレーズの再入力
Generating key (this may take several minutes)...Key generation complete.

(When selecting a passphrase, keep in mind that good passphrases typically
have upper and lower case letters, digits and punctuation marks, and are
at least 8 characters in length.)

Enter the local keyfile passphrase: // ローカルパスフレーズの入力
Verify the local keyfile passphrase: // ローカルパスフレーズの再入力
Generating key (this may take several minutes)...Key generation complete.

----------------------------------------------
Signing configuration file...
Please enter your site passphrase: // サイトパスフレーズを入力
Wrote configuration file: /etc/tripwire/tw.cfg

A clear-text version of the Tripwire configuration file:
/etc/tripwire/twcfg.txt
has been preserved for your inspection. It is recommended that you
move this file to a secure location and/or encrypt it in place (using a
tool such as GPG, for example) after you have examined it.


----------------------------------------------
Signing policy file...
Please enter your site passphrase: // サイトパスフレーズを入力
Wrote policy file: /etc/tripwire/tw.pol

A clear-text version of the Tripwire policy file:
/etc/tripwire/twpol.txt
has been preserved for your inspection. This implements a minimal
policy, intended only to test essential Tripwire functionality. You
should edit the policy file to describe your system, and then use
twadmin to generate a new signed copy of the Tripwire policy.

Once you have a satisfactory Tripwire policy file, you should move the
clear-text version to a secure location and/or encrypt it in place
(using a tool such as GPG, for example).

Now run "tripwire --init" to enter Database Initialization Mode. This
reads the policy file, generates a database based on its contents, and
then cryptographically signs the resulting database. Options can be
entered on the command line to specify which policy, configuration, and
key files are used to create the database. The filename for the
database can be specified as well. If no options are specified, the
default values from the current configuration file are used.

 これでパスフレーズの設定が完了する。
 最後に" Now run "tripwire --init"と書かれているが、この時点ではポリシーファイルがデフォルトの状態なので実行しても多くのエラーが出てしまうので実行しない。

 //設定ファイルの設定
  
 tripwireのポリシーファイル及び設定ファイルは/etc/tripwire内に格納されている。まずは、設定ファイルの設定を行う。

 # vi /etc/tripwire/twcfg.txt

POLFILE =/etc/tripwire/tw.pol
DBFILE =/var/lib/tripwire/$(HOSTNAME).twd
REPORTFILE =/var/lib/tripwire/report/$(HOSTNAME).twr
SITEKEYFILE =/etc/tripwire/site.key
LOCALKEYFILE =/etc/tripwire/$(HOSTNAME)-local.key
EDITOR =/bin/vi
LATEPROMPTING =false
LOOSEDIRECTORYCHECKING =true
MAILNOVIOLATIONS =true //trueの場合、何も変化が無かった場合でも通知する
EMAILREPORTLEVEL =4
REPORTLEVEL =4
MAILMETHOD =SENDMAIL //PostfixのコマンドはSENDMAIL互換だったので何も変更しないで送信することができました。
SYSLOGREPORTING =false
MAILPROGRAM =/usr/sbin/sendmail -oi -t
 
 
 # /usr/sbin/twadmin -m F -c /etc/tripwire/tw.cfg -S /etc/tripwire/site.key /etc/tripwire/twcfg.txt //Tripwire用の暗号化設定ファイルを作成。

 # rm -f /etc/tripwire/twcfg.txt 完了後は速やかに暗号化されていない設定ファイルを削除。

 //ポリシーファイルの作成
 
 後はポリシーファイルを設定しそれを読み込ませれば設定は完了する。このポリシーファイルの設定は非常に面倒なので今回は自動最適化スクリプトを利用して瞬時に設定しまう。

 # vi /etc/tripwire/twpolmake.pl

#!/usr/bin/perl
# Tripwire Policy File customize tool
# ----------------------------------------------------------------
# Copyright (C) 2003 Hiroaki Izumi
# This program is free software; you can redistribute it and/or
# modify it under the terms of the GNU General Public License
# as published by the Free Software Foundation; either version 2
# of the License, or (at your option) any later version.
# This program is distributed in the hope that it will be useful,
# but WITHOUT ANY WARRANTY; without even the implied warranty of
# MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE. See the
# GNU General Public License for more details.
# You should have received a copy of the GNU General Public License
# along with this program; if not, write to the Free Software
# Foundation, Inc., 59 Temple Place - Suite 330, Boston, MA 02111-1307, USA.
# ----------------------------------------------------------------
# Usage:
# perl twpolmake.pl {Pol file}
# ----------------------------------------------------------------
#
$POLFILE=$ARGV[0];

open(POL,"$POLFILE") or die "open error: $POLFILE" ;
my($myhost,$thost) ;
my($sharp,$tpath,$cond) ;
my($INRULE) = 0 ;

while () {
chomp;
if (($thost) = /^HOSTNAME\s*=\s*(.*)\s*;/) {
$myhost = `hostname` ; chomp($myhost) ;
if ($thost ne $myhost) {
$_="HOSTNAME=\"$myhost\";" ;
}
}
elsif ( /^{/ ) {
$INRULE=1 ;
}
elsif ( /^}/ ) {
$INRULE=0 ;
}
elsif ($INRULE == 1 and ($sharp,$tpath,$cond) = /^(\s*\#?\s*)(\/\S+)\b(\s+->\s+.+)$/) {
$ret = ($sharp =~ s/\#//g) ;
if ($tpath eq '/sbin/e2fsadm' ) {
$cond =~ s/;\s+(tune2fs.*)$/; \#$1/ ;
}
if (! -s $tpath) {
$_ = "$sharp#$tpath$cond" if ($ret == 0) ;
}
else {
$_ = "$sharp$tpath$cond" ;
}
}
print "$_\n" ;
}
close(POL) ;

 # perl /etc/tripwire/twpolmake.pl /etc/tripwire/twpol.txt > /etc/tripwire/twpol.txt.new //スクリプトを利用して最適化、twpol.txt.newに出力

 # vi /etc/tripwire/twpol.txt.new // email配送先はポリシーファイル内に記述する。email配送先の設定はポリシーファイル内の78行目から始まる Tripwire Binaries欄から順に通知して欲しいポリシー設定に記述する。Tripwire Binariesの例を下記に記述。

 # Tripwire Binaries

(
rulename = "Tripwire Binaries",
severity = $(SIG_HI),  <= ","の追加を忘れずに・・
emailto = root //追加(rootの場合)
)
{
$(TWBIN)/siggen -> $(SEC_BIN) ;
$(TWBIN)/tripwire -> $(SEC_BIN) ;
$(TWBIN)/twadmin -> $(SEC_BIN) ;
$(TWBIN)/twprint -> $(SEC_BIN) ;
}


 # /usr/sbin/twadmin -m P -c /etc/tripwire/tw.cfg -p /etc/tripwire/tw.pol -S /etc/tripwire/site.key /etc/tripwire/twpol.txt.new //Tripwire用の暗号化ポリシーファイルを作成

 # rm -f twpol.txt* //作成したポリシーファイルの削除

 //データベースの作成

 # /usr/sbin/tripwire --init 

 //Tripwireの起動

 # /usr/sbin/tripwire --check -M // -Mを追加することによって結果をメールで配信するようにする。

 数分間のチェック後、結果が出力され、rootのメールボックスに結果が通知される。
 
 参考記事
  ・ Fedoraで自宅サーバ : ファイル改竄検知システム導入(Tripwire)
  ・Tripwire ポリシー作成メモ
  ・Crimson Snow : ファイル改竄検知システム(Tripwire)の導入
posted by ぴぺ at 23:47| Comment(31) | TrackBack(91) | UNIX系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月07日

Shoucast録音ツール Streamripperの導入

 Shoutcast録音ツール Streamripperを導入しました。これにより大半のネットラジオのデータを録音しまくれるようになりました。
 
 #wget http://nchc.dl.sourceforge.net/sourceforge/streamripper/streamripper-1.61.27.tar.gz
 #tar zxvf streamripper-1.61.27.tar.gz
 #cd streamripper-1.61.27
 #./configure
 #make
 #make install 
 または
 #apt-get install streamripper

 インストール後、
 #streamripper <>
 通常のMP3ストリームならこれで録音を開始できます。
 streamripperは通常のMP3ストリームの他にPeercastに対応しているのでPeercastを起動させておけばこちらも録音できるようになっています。
 Peercastのサイトにはx86用のバイナリパッケージしか公開されていないため、案内の通りsvnからsourceをダウンロードしてくる必要があります。

 #mkdir /tmp/share/peercast
 #cd /tmp/share/peercast
 #apt-get install svn-buildpackage
 #svn checkout svn://peercast.org/peercast/tags
 #cd /tmp/share/peercast/tags/v0.1208-fixed/ui/linux
 #make
 #../peercast &

 ちなみにsvnはlibapr0のホールドを解除していないとエラーを出して起動しません。Peercast導入後、結局録音したい局が全てMP3ストリームだったため使ったことはないです。

 参考サイト
  ・Streamripper      
  ・peercast.org


----
 サーバ環境をQNAP TS-219Pに移行したのでそのときのインストールの記録も

 1.TS-219PのQNAP機能でipkgを導入
 2.sshでサーバにログイン
 3.ipkg install streamripper
 4.nohup streamripper <対象放送局のURI> &
 5.放置。。うまくいってるみたい
posted by ぴぺ at 02:14| Comment(3) | TrackBack(0) | UNIX系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月31日

Mediatomb 遂に稼動!!

 ちょっと感動しました。
 今までいろいろあったけど遂に・・。

 インストール後、
  GLANTANK:~/.mediatomb# mediatomb --add /share

 っと入力して共有ファイルを追加して起動すれば -addで指定したディレクトリが読み取り先としてデータベースに追加されるようです。前にできなかった理由ですが、指定先のディレクトリ内のファイルが膨大すぎて時間がかかっていただけだったのかもしれません・・(恥

 ちなみに初期設定状態で動作は安定しているようです。MP3タグ内のデータを参照して Genre/Date/Artists/Albums/All Audio/All - full nameの6つのディレクトリ別にジャンルを分けて表示できる機能がものすごく便利です。
 今日からもうちょっと時間が取れるようになるのでもうちょっといろいろやってみて結果を書き込んできます。

 
posted by ぴぺ at 21:17| Comment(0) | TrackBack(155) | UNIX系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月29日

Debianのせいか?GLAN TANKのせいか?

 信じられないことにuShareを導入後、再起動するとGLAN TANKのinitプロセス中に固まって動かなくなるようだ・・。一昨日再インストールしてとりあえずuShareだけを導入して稼動させて起動しないんだから間違いない。
 DHCPサーバにアドレス取得をしにいっていないのでそれ以前でとまっているようだ。一体何が起こってるんだか・・とりあえずシリアルコンソールの製作を検討します。
 ってことでGLAN TANKユーザの方でシリアルコンソールを持ってない方はMediatombの使用(使い方わからんが・・)をお勧めします。

追記
  後に全く関係無いネットワークの問題の所為だったことが判明しました・・失礼しました。
posted by ぴぺ at 22:39| Comment(10) | TrackBack(2) | UNIX系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月28日

uShareのインストール・実行

 ちょっと修正しました。 
 
 膨大な試行錯誤の結果、Mediatombはあきらめました。
 サーバーが起動はするもののなぜかupnp初期化中から変化を起こさないの で・・。
 そこでuShareを導入してみました。uShareはデフォルトセッティングで完璧に動作。日本語表示もバッチリできました。導入過程をメモしておきます。
 

 $ aptitude install libupnp-dev gcc gcc++ pkg-config
 $ wget "http://ushare.geexbox.org/releases/ushare-0.9.5.tar.bz2"
 $ tar -xvjf ushare-0.9.5.tar.bz2
 $ cd ushare-0.9.5
 $ CFLAGS="-Os" ./configure --prefix=/usr
 $ make
 # make install-strip

 これで導入完了。なお、Debianのaptでインストールできるlibupnpが古いらしく、最新バージョンの0.9.8のインストールはlibupnpのチェックでインストールに失敗します。ライブラリ関係のインストールはaptで管理したいので0.9.5を選択しました。

 $ ushare -n ushare -i eth0 -v -c ~/share
 ushareは設定ファイルを参照しないで起動できるのでまず動作確認します。
 最後のPATHが共有するディレクトリ先。とりあえずこれで動作するはずです。
 http://adresse_ip :port/web/ushare.html このURIより管理ページへアクセスすることができます。っといっても共有ディレクトリを追加する機能しかありませんが・・。
 また、Daemonで起動しておく場合、/usr/etc/ushare.confを設定します。

 # /etc/ushare.conf

 # Configuration file for uShare

 # uShare UPnP Friendly Name (default is 'uShare')
USHARE_NAME=ushare

 # Interface to listen to (default is eth0).
 # Ex : USHARE_IFACE=eth0

 # Directories to be shared (space or CSV list).
 # Ex: USHARE_DIR=/dir1,/dir2
USHARE_DIR="/share"

 # Daemon options
USHARE_OPTIONS="-w"


 
 今回は後の処理を考えてprefixで/usr以下に展開しましたが、その後、Daemonで起動させたい場合
 # cp /usr/etc/init.d/ushare /etc/init.d/ushare
 # cp /usr/etc/ushare.conf /etc
 # /etc/init.d/ushare start

 これらを実行させ、initスクリプトと設定ファイルを移動させてください。これを行っていないと参照不可で起動しません。


 ■Usage
-n, --name=NAME クライアントに表示されるサーバー名
-i, --interface=IFACE 利用するイーサネットデバイスを設定します。 (デフォルト'eth0')
-p, --port=PORT web UIサーバーが利用するポートを決定します。
-c, --content=DIR 共有するディレクトリを決定します(デフォルト './')
-w, --no-web web UIを無効化します (enabled by default)
-v, --verbose Set verbose display.
-D, --daemon デーモンとして起動します。
-V, --version uShareのバージョン情報を表示後、停止します。
-h, --help ヘルプを表示します。

 uShare : http://ushare.geexbox.org/

 GLAN TANKはあまり高速なマシンではないのでわざわざデータベースを利用しなければならないmediatombよりも良いと勝手に決定してこのまま利用していくことにしました。
 クライアントにAV-LS 300Dを用いていますが動画、音楽どちらも非常に快適に動作しています。また、クライアントかソフトかはわかりませんがファイル名に"&"が入ってるファイルがあるディレクトリは参照できませんでした。

 参考サイト : Partager des contenus avec UPnP
posted by ぴぺ at 01:28| Comment(9) | TrackBack(107) | UNIX系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月19日

MediaTombの設定メモ

 次は設定編です。何故すぐに設定編だというと実は起動してもデータベースからのリストの読み出しに失敗するので原因を究明中だからなんですが・・(汗

 
 まず、参考文献は http://mediatomb.org/readme.txt となります。これから一部抜粋して載せていこうと思います。
 Mediatombの設定ファイルは ~/.mediatomb以下のconfig.xmlに書かれています。
 webUI : <ui enabled="yes"/>

 "on"にすることでwebUIを利用可能に設定します。デフォルトではOFFになっています。

 <home>/home/your_user_name/.mediatomb</home>
 各種設定ファイルを読み出すときに利用するサーバーのホームです。たぶんデフォルトで問題無し。

  <webroot>web</webroot>
 各種スクリプトやドキュメントを保存しているディレクトリを指定します。たぶんデフォルトで問題無し。

 <servedir>/home/myuser/mystuff</servedir>
 追加することで何が起こるかと思ったらmediatombのweb server上にファイルを登録し、ダウンロード可能にすることができるとのこと。参考文献の例を載せておきます。

  Example: the file something.jar is located in
/home/myuser/mystuff/javasubdir/something.jar on your filesystem.
Assuming the above configuration you could download it by entering
this link in your web browser:
http://192.168.0.23:50555/content/serve/javasubdir/something.jar

 <storage driver="...">
 mediatombはmysqlおよびsqlite3に対応しています。このオプションを変更することでどちらのデータベースを利用するかを設定できます。mysqlのほうが抜群に速いのでお勧めとのこと。
 
 設定例:
   sqlite3使用時
<storage driver="sqlite3">
<database-file>sqlite3.db</database-file>
</storage>

  mysql使用時
<storage driver="mysql">
<host>localhost</host>
<username>root</username>
<password></password>
<database>mediatomb</database>
</storage>

 <import>以下

  <filesystem-charset>ISO-8859-1</filesystem-charset>
 filesystemの文字セットを設定します。

  <metadata-charset>CP932</metadata-charset>
 meta-dataの文字セットを設定します。ID3タグで文字化けが起こる場合は追加することで改善するそうです。



 ■Usage: mediatomb [options]

Supported options:
--ip or -i ip address
--port or -p server port (the SDK only permits values => 49152)
--config or -c configuration file to use
--daemon or -d run server in background
--pidfile or -P file to hold the process id
--user or -u run server under specified username
--group or -g run server unser specified group
--add or -a add the given file/directory
--logfile or -l log to specified file
--help or -h this help message

 とりあえず今日はこんなところ。ここって
使えないっぽいですね・・。
 

posted by ぴぺ at 00:50| Comment(1) | TrackBack(6) | UNIX系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月18日

GLAN TANKをDLNAメディアサーバーにします。

 GLAN TANKをDLNA対応メディアサーバーに改造します。
 DLNAとは2005年に提案され、今まで共通化されていなかったネットワークメディアプレーヤーの通信プロトコルを共通化させたガイドラインのことである。
 今回導入するメディアサーバーはまさしくこれを動作させるサーバーである。
 DLNAサーバーはいくつか開発が進められているが日本語で説明しているサイトが一つも無いので、無いよりかはマシかもしれないという観点からインストール日記を作成することにする。

 まず現在利用可能と思われるサーバーソフトを列挙する。
  ・CyberMediaGate
  ・GMediaServer
  ・GeeXboX uShare
  ・Mediatomb
 これらの4つである。 
 今回はまずMediatombを導入することにする。

  必要なライブラリのインストール
 GLANTANK:/# aptitude install libmagic-dev libexif-dev libextractor-dev libid3-dev spidermonkey-dev libupnp-dev libsqlite3-dev sqlite3

  データベースとしてMysqlを利用する場合は

 GLANTANK:/# aptitude install libmysqlclient12-dev 
  も実行する。

 GLANTANK:/# wget http://jaist.dl.sourceforge.net/sourceforge/mediatomb/mediatomb-0.8.1-patched.tar.gz
 GLANTANK:/# tar zxvf mediatomb-0.8.1-patched.tar.gz
 GLANTANK:/# cd mediatomb-0.8.1-patched
 GLANTANK:/# ./configure -v --enable-libextractor
 GLANTANK:/# make
 GLANTANK:/# make install 

 インストールが完了したら、設定ファイルの初期化を実行する。

 GLANTANK:/# tomb-install

 これによって ~/.mediatomb以下に設定ファイルが作成される。
 
 GLANTANK:/# mediatomb
 
 mediatombを起動する。正常に設定が成功していれば起動するはずである。
 ここまでの流れはこちらのサイトを参考にさせていただきました。

 参考サイト
  ・IT Pro : 2005年の注目技術「DLNA」とは?
  ・Mediatomb.org
posted by ぴぺ at 23:45| Comment(1) | TrackBack(173) | UNIX系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月08日

GLANK TANKのApache2が起動しなくなっていましたが・・

 この前の日記の通りGLAN TANKが正常に起動しなくなって初期化していたのですが、なぜか初期状態から入っているApache2を消去後新たにaptで入れたApache2が"Segmentation Fault"を吐いて起動できなくなっていました。
 apache2本体をapache2-mpm-workerからapache2-mpm-preforkに変えてみるも改善はしませんでした。
 そこで・・
  下記の参考記事を参考に

  GLANTANK:~$ sudo dpkg -l | grep apache
  GLANTANK:~$ sudo apt-get remove --purge package

  GLANTANK:$ sudo apt-get install apache2

 を実行。ここまでは今までやったとおりですが、この後
 
  GLANTANK:$ sudo apt-get install libapr0
  GLANTANK:$ sudo dpkg --get-selections | grep hold
  GLANTANK:$ sudo aptitude unhold libapr0

 を実行。なんでもこのlibapr0というのは自動アップグレードを妨げるアプリケーション?とのこと。
 何の因果がわかりませんがこれを行った直後,"Segmentation fault"が" Could not determine the server's fully qualified domain name"に変わりました。この表示に変えるのにどれぐらいの時間をかけたことか・・(泣
 
 そこでさっそくLAMP環境構築へ

 PHP インストール
  GLANTANK:$ sudo apt-get install php4 php4-common php4-cgi php4-dev libapache2-mod-php4

 Mysql インストール
  GLANTANK:$ sudo apt-get install mysql-server php4-mysql phpmyadmin

 これで完了のはず。ようやく今まで中断してたPHPのアプリ製作が再開できそうです。

 参考記事
  ・鯖グラタンの作り方


posted by ぴぺ at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | UNIX系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。