2008年09月25日

ZEN X-Fi on Fedora 9 with mtpfs

 ZEN X-FiというかMTPデバイスをFedora 9で扱うためのソフトウェア「mtpfs」のインストール記録


 wget http://rpm.livna.org/livna-release-9.rpm /* Livnaリポジトリをダウンロードする */

ダウンロード先フォルダ内のlivna-release-9.rpmをダブルクリックし、リポジトリを加える。
 
 yum -y install libmtp libmtp-devel libid3tag libid3tag-devel libmad libmad-devel fuse /* インストールに必要な要素のインストール */

 wget http://www.adebenham.com/mtpfs/mtpfs-0.7.tar.gz /* mtpfsのダウンロード */

 cd download

 tar zxvf mtpfs-0.7.tar.gz

 cd mtpfs-0.7.orig

 ./configure

 make

 make install /* インストール完了 */

 cd /media

 mkdir zen /* ZEN用のマウント先フォルダの用意 */

 これで準備が整ったのでZENをUSBに接続させる

 mptfs -o allow_other zen/ /* ZENをマウント : 今までUSB充電のみだったのが、ここでDockedに変化します、私の環境では接続後十数秒間認識までコンソールが停止しました */

 fusermount -u /media/zen /* マウント解除 */


 私が試した環境ではマウント後、一部のファイルだけが表示されることや、ZEN X-Fiの画面が真っ暗になりマウント解除後操作不能になることがありました。
 マウント後の動作はまだ余りチェックしていませんが、うまくマウントさえできれば後はWindowsと同じ様に扱えそうです。

 
 ■参考記事
 ・MTPFS http://www.adebenham.com/mtpfs/
 ・Niath : Creative ZEN + Linux http://tiagoboldt.net/blog/creative-zen-linux/
 ・rpm.livna.com http://rpm.livna.org/rlowiki/
 ・かゆいとこTips : Fedora9インストールメモ http://mylabox.go2.jp/%A4%AB%A4%E6%A4%A4%A4%C8%A4%B3Tips/Linux/Fedora9%A5%A4%A5%F3%A5%B9%A5%C8%A1%BC%A5%EB%A5%E1%A5%E2/
posted by ぴぺ at 08:13| Comment(0) | TrackBack(7) | ZEN X-Fi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。